WiMAX

ブロードワイマックス解約の全て|違約金を0円よりオトクにするシンプルな方法

投稿日:2019年4月15日 更新日:

本ページはブロードワイマックスの解約方法と注意点について解説しています。

本ページの流れ

  • ブロードワイマックスの解約方法の全て
  • 解約違約金を実質0円にする方法
  • 解約違約金を0円以上にオトクにしてしまう裏技
後半では解約違約金を0円どころか、さらにオトクにする特別な方法についてもご説明しています!
ポケみ

最後まで読むことで

  1. ブロードワイマックスの解約方法の全てを理解でき
  2. 解約違約金も実質0円にさせ
  3. さらに実質月額最安で、最新のWiMAXを利用する方法も知ることができます。

一読した後は、今よりもさらに快適なネット生活を送れるようになっていることでしょう。

 

それではさっそく始めていきましょう!

乗り換え時におすすめのポケットWi-Fiを徹底比較しました。

詳しく知りたい方はどうぞ!

ポケみ
契約前に知りたかった!無制限ポケットWiFiで1番おすすめなのはコレ

続きを見る

 

 

ブロードワイマックスの2つの解約方法

ブロードワイマックスの解約方法は2つあります。

ブロードワイマックスの解約方法2つ

  1. 直接オペレーターに解約を伝える
  2. 解約フォームから解約する

順にご説明します。

 

①一番楽なのはオペレーターに解約を伝える方法

一番確実なのはオペレーターに直接解約を伝える方法です。
ポケみ

ブロードワイマックス 解約受付窓口

フリーダイヤル:0120-651-315

受付時間:11:00 ~ 18:00(月~土 / 年末年始は除く)

なお混雑時間があるため、以下の時間表をご確認ください。

火曜日~土曜日の14:00~17:00が繋がりやすいと公式ページに記載されています。

可能なら繋がりやすい時間帯に解約の電話をした方がいいですね。

 

またブロードワイマックスの締め日(25日)ギリギリにかけると繋がりずらくなります。

 

そのため解約ができないという事態になる可能性もあるので余裕をもって電話しましょう。

 

②解約フォームから解約する方法

音声ガイダンスに沿っていくと、解約フォーム先のURLが携帯に送信されます。

しかし正直面倒なので音声ガイダンスは利用しなくて大丈夫です。
ポケみ

以下がブロードワイマックスの解約フォームとなります。

音声ガイダンスは単純に、最終的に解約フォームへ誘導するためのものです。

  1. 音声ガイダンスに沿っていく。
  2. すると今使っている携帯電話にショートメッセージが届き、
  3. クリックすると解約フォームのページに飛べる。

この流れとなっています。

つまり最初から解約フォームのURLを知っていれば音声ガイダンスは必要ありません。

 

解約フォーム先は「氏名」「電話番号」といった簡単な入力のみとなっています。

 

しかし入力に誤りがあると、締め日の25日までに解約手続きが完了しない場合があるので注意しましょう。

入力ミスを避けたいならフリーダイヤルから、オペレーターに直接解約の旨を伝えましょう。
ポケみ

 

ブロードワイマックス解約前の注意点とシンプルな解決方法

ブロードワイマックスの契約内容で特に注意したいポイントは解約違約金についてだと思います。

 

ただ違約金以外にもWiMAXサービスには共通の注意点があるので、解約前にしっかりと確認しておきましょう。

ブロードワイマックス解約の際の注意ポイント

  1. 契約期間内に解約すると違約金を支払うことになる
  2. 24ヶ月以内に解約するとキャンペーン違約金も加算される
  3. 解約月の月額料金は日割り計算されない
  4. オプションサービスが使えなくなる
  5. 端末の返却について

順にご説明します。

 

契約期間内に解約すると違約金を支払うことになる

一発解決:更新月に解約して違約金を0円にしましょう。
ポケみ

ブロードワイマックスの解約違約金

解約違約金
1~12カ月目19,000円
13~24カ月目14,000円
25〜36カ月目9,500円
37ヶ月目0円
38ヶ月目以降9,500円

※ブロードワイマックスは現在3年契約のみとなっています。

 

契約は自動更新です。

もし更新月に解約しなければ自動的に契約期間が延長されるので注意してください。

解約金を負担してくれる会社よりもオトクになるプロバイダを発見しました!今ではWiMAXのヘビーユーザーの中では当たり前の方法となっているのでぜひ利用しましょう。

 

ちなみに解約違約金はブロードワイマックスだけではなく、どのプロバイダ(販売代理店)にもある制度です。

 

契約満了時にご自身で解約しなければ自動で更新される仕組みになっているので、ここは注意しなければならないポイントです。

 

また更新月・プラン内容の確認はマイページから分かります。

なおブロードワイマックスのマイページは「ログインID」と「パスワード」を入力することでログインできます。

 

「ログインID」と「パスワード」を忘れてしまった場合は「ブロードワイマックスお客様サポート窓口」に問い合わせしましょう。

お客様サポート窓口

電話番号:050‐5212‐7322

受付時間:11:00 ~ 18:00(月~土 / 年末年始は除く)

 

24ヶ月以内に解約するとキャンペーン違約金も加算される

実はブロードワイマックスは24ヶ月以内に解約すると、キャンペーン違約金としてさらに9,500円が追加されます。

※クレジットカード払いの「初期費用18,857円割引!Web割キャンペーン」を適用された方が対象となります。ほとんどの方がこのキャンペーンを適用されています。

 

つまり1年目に解約すると19,000円+9,500円分、2年目に解約すると14,000円+9,500円分の違約金を支払う必要があります。

キャンペーン適用時の実質の違約金

解約日解約違約金
12ヶ月以内28,500円
24ヶ月以内23,500円
36ヶ月以内9,500円
37ヶ月目0円
38ヶ月目以降9,500円

この高額な解約違約金を0円にしたいのなら、37ヶ月目の更新月に0円解約することが最も確実です。

 

解約月の月額料金は日割り計算されない

ブロードワイマックスは日割り計算されません。満額請求となります。
ポケみ

なおブロードワイマックスの毎月の締め日は25日となっているので、ここは気をつけてください。

ブロードワイマックスの毎月の締め日は25日

解約日月額料金
25日まで当月分のみ
26日以降当月分+翌月分

26日以降に解約すると、翌月1ヶ月分の月額料金を支払うことになります。

 

また更新月の場合でも締め日を過ぎると、違約金を支払うことになるので併せて注意してください。

 

なおブロードワイマックスは、月初に解約しても月末までWiMAXを使い続けられます。

ですので解約の際は更新月の初めに解約することをおすすめします。
ポケみ

 

オプションサービスが使えなくなる

解約すると以下のような様々なオプションサービスが使えなくなります。

  • 旅行の割引
  • KINGSOFT® Office 2012
  • KINGSOFT® Internet Security 2017

実際にオプションサービスを使っている人は少ないのですが、便利なサービスではあります。

 

解約した場合はこれらのサービスは全て利用できなくなるので、オプションサービスを利用しているなら事前によく確認しておきましょう。

 

端末の返却について

解約後の端末は返却はしなくても大丈夫です。
ポケみ

解約時は返却する必要なし

返却するもの
WiMAX2+本体返却しなくてOK
SIMカード返却しなくてOK

SIMカードも返却する必要がないので、ご自身で破棄しましょう。

 

ただSIMカードはハサミで切って廃棄処分するだけでは危険です。

1箇所にまとめて処分すると、破片を集められる危険がありますので、別けて処分しましょう。

 

端末は自分で処分

処分方法:燃えないゴミで処分、あるいは小型家電製品でリサイクルしましょう。
ポケみ

ちなみに私の場合は燃えないゴミで処分しました。

なおルーターは環境省により、小型家電リサイクル法の対象品目に指定されています。

 

小型家電はリサイクルする義務があるのですが、その回収方法や処分方法は自治体がおこなっているので、リサイクルしたい場合は確認してみましょう。

 

またWiMAXを買い取ってもらいたいと思う人も多いですが、実際は買い手はほぼ見つからないと思っていいです。

ポケたろ
なんで?
WiMAXは進化が早いからね。
ポケみ

WiMAXはどんどん新しい機種が発売しているので、1~2年経過すると、古い機種として扱われます。

 

ヤフオクなどのオークションを利用しても大した金額にもならず、また無駄な労力と時間を長期間使うことになるので、普通に処分することをおすすめします。

 

ブロードワイマックスの解約違約金を実質0円にする方法2つ

結論からお伝えすると、実はブロードワイマックスの解約違約金を実質無料にできる裏技的な方法があります。

ポケたろ
マジで!?教えて教えて!

ただし注意点もあります。

そこも踏まえた上で、次はブロードワイマックスを完全無料で解約する方法を解説していきます。

ブロードワイマックスを実質無料で解約する方法

  1. 更新月まで利用する(無料)
  2. 他社の特典を利用する(無料よりオトク)

順にご説明します。

 

①更新月まで利用する(無料)

上述した通り、ブロードワイマックスは更新月で解約することで0円解約できます。

 

ですので金額を最小限で抑えたいなら37ヶ月目の更新月に解約しましょう。

ブロードワイマックスの解約違約金

解約日解約違約金
12ヶ月以内28,500円
24ヶ月以内23,500円
36ヶ月以内9,500円
37ヶ月目0円
38ヶ月目以降9,500円

 

②0円よりオトク!他社のキャッシュバック特典を利用する方法(違約金負担よりオトクです)

一部のプロバイダ(販売代理店)では、他社の解約違約金を一部負担してくれたり、30,000円以上もの高額なキャッシュバックをもらえる場合があります。

 

つまりキャンペーンなどの特典によって、乗り換え時にとてもオトクに最新のWiMAXを使えるということです。

ポケたろ
じゃあキャッシュバックと違約金の負担って、どっちがおすすめ?

やっぱり違約金を負担してくれる方がおすすめだよね?

いや、むしろ絶対にキャッシュバックをもらえる会社をおすすめするよ!
ポケみ
ポケたろ
え?なんで?

普通に考えてブロードワイマックスの解約違約金を負担してくれる会社の方が良くない?

たしかに違約金を負担してくれる会社で契約するとその時は安く感じますよね。

 

安く乗り換えはできますが、1番重要なのは一般的にWi-Fiルーターの契約期間は3年間だということです。

 

3年間の実質の総額を計算するとすぐに分かることなのですが、キャッシュバックがある会社の方が明らかに安くなっています。

例)違約金負担制度とキャッシュバック制度の3年間の比較

実質月額実質総額違約金負担キャッシュバック
A社5,000円180,000円有り無し
B社3,500円126,000円無し有り
差額1,500円54,000円

上記の例では、違約金を負担する会社で契約すると月約1,500円も高くなります。

 

繰り返しますが一般的にWiMAXの契約は3年間なので、キャッシュバックがある会社で申し込むと、総額で約54,000円も安くなることが分かります。

 

例えばブロードワイマックスを12ヶ月以内に解約して、違約金28,500円が発生しても、キャッシュバックがある会社を選ぶと、結局はその後3年間の総額で約25,000円もオトクになるわけです。

GMOとくとくBBの評判

GMOとくとくBB公式サイト

 

なお違約金の負担額は会社によって異なりますが、全額負担ではなく、その会社の規約内の金額のみ負担なので注意してください。

乗り換え先は総額から検討する

  • 総額で計算するとキャッシュバックがある会社の方が料金が安い
  • 違約金の負担は全額ではないので、3年間の総額が安い会社を選ぶ
ポケたろ
じゃあキャッシュバックがある会社に乗り換えればオッケーってことだね!
そういうこと!

「解約違約金負担」という箇所だけに騙されず、実際の総額費用で検討しようね。

ポケみ

 

乗り換える際は「違約金を負担してくれる会社であればどこでもいい」といった考えは、その後3年で大きく損する危険があるので注意しましょう。

GMOとくとくBBの評判

GMOとくとくBB公式サイト

 

実際にブロードワイマックスとGMOとくとくBBで料金比較してみた

実際にブロードワイマックスと、全プロバイダ中で最高額のキャッシュバックをもらえるGMOとくとくBBで料金比較してみました。

結論:GMOとくとくBBに乗り換えると、その後3年間で約21,000円もオトクになります!
ポケみ

ブロードワイマックスの利用者の方は、月額費用が高額になる2年目以内に乗り換える人が多いので、2年目を超えないタイミングで乗り換えするのがよいでしょう。※2年目以降はもうブロードワイマックスを利用し続ける理由がありませんので乗り換えた方がオトクです。

2年目以降のブロードワイマックスとGMOとくとくBBの料金比較

3年間の実質総額実質平均月額
ブロードワイマックス148,407円4,011円
GMOとくとくBB126,725円3,425円

GMOとくとくBBは最新機種「W06」を選択した場合。また初期費用+事務手数料+端末代+その他費用+キャンペーン適用後の3年間の実質総額費用から、実質平均月額を算出しています。

 

また、下記のうち一つでも当てはまる方はラッキーです。

  • ブロードワイマックスを2年以上使っている
  • 今使っているWiMAXが遅い
  • 最新のWiMAXを利用して快適にネットを使いたい

上記のうち1つでも当てはまるなら、GMOとくとくBBが高額キャッシュバックキャンペーンをしているが乗り換えのベストタイミングです。※GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンは予告なく終わる可能性があります。

ポケたろ
ちょっと待って!たしかにGMOとくとくBBの方が安いけど、他のプロバイダだってあるじゃん!

GMOとくとくBBだけ持ち上げてるんじゃないの?

それじゃあ次は有名なプロバイダの実質費用を片っ端から暴露しちゃうよ!
ポケみ

次は主要プロバイダの料金比較、かつ乗り換え時に1番安いプロバイダもご紹介していますので、ぜひご覧ください。

GMOとくとくBBの評判

GMOとくとくBB公式サイト

 

【2019年7月最新】乗り換え時に最もオトクにWiMAXを使えるプロバイダはコレ!

結論:GMOとくとくBBに乗り換えると1番安くWiMAXを使えます!
ポケみ

GMOとくとくBBの評判

GMOとくとくBB公式サイト

 

乗り換えにおすすめできる人

  • 契約更新月まで待つのが嫌な人
  • 最新のWiMAXを使いたい人
  • 今よりもっと安く済ませたい人(最安にしたい人)

特に主要と言われているプロバイダの実質費用を比較してみました。以下をご参考ください。

2019年7月最新:主要プロバイダ比較表
※下記表は最新機種「W06」を選択した場合。また初期費用+事務手数料+端末代+その他費用+今月のキャッシュバックキャンペーンor月額割引キャンペーン適用後の3年間の実質総額費用から、実質平均月額を算出しています。

プロバイダ3年間の実質総額実質平均月額
GMOとくとくBB126,725円3,425
BIGLOBE130,141円3,517円
@nifty130,310円3,521円
So-net133,320円3,603円
DTI  WiMAX133,430円3,606円
ブロードワイマックス134,352円3,631円
カシモWiMAX139,248円3,763円
UQ WiMAX157,808円4,265円

比較表の通り、GMOとくとくBBが頭一つ抜き出ているのがお分かりかと思います。

ポケたろ
GMOとくとくBBがすごく安いね!ぶっちぎりで安い!
しかも本家UQ WiMAXと比較すると3年間で30,000円以上もオトクになるよ!
ポケみ

上記の表から分かる通り、おすすめはGMOとくとくBBです。

 

上記以外にも多くの会社を比較したのですが、そもそもGMOとくとくBBを超えるおすすめのプロバイダを見つけることができませんでした。

 

またGMOとくとくBBはキャッシュバック受け取りの手続きが非常に簡単です。

キャッシュバック受け取り方法

  • 契約して11ヶ月後に手続きのメールが来る
  • そのメールから口座登録する

たったこれだけで30,000円以上のキャッシュバックを確実にもらえます。

 

なおBIGLOBEと@niftyは実質月額は安く悪くはないですが、以下の理由によりおすすめしていません。

BIGLOBEと@niftyを除外する理由

  • BIGLOBE ⇒ 端末代金が無料ではない
  • @nifty ⇒ 最安値ではない
  • そもそも3年間の総額費用がGMOとくとくBBより高い

WiMAXは速度、対応エリアなど全て性能は同じです。

なので料金が一番安いプロバイダを選ぶことが正しい選択です。

GMOとくとくBBの評判

GMOとくとくBB公式サイト

 

機種はW06のルーターを選びましょう

機種は最新機種「W06」を選ぶのがベストです。

【最速WiMAX】Speed Wi-Fi NEXT W06レビュー!WX05・W05・801HWも比較してみた

続きを見る

 

自宅Wifi・置くだけWifiを検討中の方は下記の記事をご参考ください。

【最強の自宅WiFiはコレ】Speed Wi-Fi HOME L02レビュー|L01sと01も比較してみた

続きを見る

 

なお現在提供されているもので、外でも自宅でも使えるWiMAXは以下の4機種です。

提供されているルーター

  • W06 ← 最新機種
  • WX05
  • W05
  • WX04

またWiMAXの性能は目覚ましいスピードで進化しています。

WiMAXの性能比較

※横スクロールできます。

W06WX05W05WX04W04WX03W03
見た目
発売日2019年1月25日2018年11月8日2018年1月19日2017年11月1日2017年2月17日2016年12月2日2016年6月4日
最大下り速度無線時 ⇒ 867Mbps

有線時 ⇒ 1,237Mbps

440Mbps758Mbps440Mbps758Mbps440Mbps370Mbps

端末代金も全て無料なのに、今から「WX05」や「W05」といった古い機種を選ぶのは賢い選択ではありません。

 

おすすめの最新WiMAX「W06」だからこそインターネットを快適に利用できます。

 

以下がWiMAX最新機種「W06」の特徴です。

最新機種「W06」の特徴

  • WiMAX史上最速(無線時⇒867Mbps、有線時⇒1,237Mbps)
  • 通信性能が大幅に向上し繋がりやすい(クレードル不要)
  • 「au 4g LTEモード」にも対応している為、もしWiMAX2+で通信できない場所でもモードを切り替えて高速通信できる

 

クレードルは必要なし

クレードルとは

クレードルとはWiMAXを乗せて充電できたり、有線を使って電波を繋がりやすくする機器のこと。

「W06」はフル充電すると9時間は持つので電池切れの心配はありません。

 

さらに前代機種までにはなかった電波性能が向上する機能が内蔵されています。

前代機種になかった性能

  • 高性能ハイモードアンテナ
  • TXビームフォーミング

上記の内蔵機能のおかげで電波性能が向上したためクレードルが必要ありません。

ポケたろ
専門的な用語はちょっとわからないんだけど、つまり…
つまりクレードルがないと電波が繋がりにくい場所でも、元々「W06」に強い電波機能が内蔵されているから、クレードルなしでも問題なく電波が届くってことだね。
ポケみ

前代機種「W05」も速いと言われてましたが、この機能が内蔵されたおかげで更に20%も速度向上しています。

 

つまり別売りのクレードルは必要ありません。余計なお金は掛けなくて大丈夫です。

GMOとくとくBBの評判

GMOとくとくBB公式サイト

 

まとめ:ブロードワイマックス解約の全て

ブロードワイマックスの解約についてご説明しました。

以下、本ページの要点となります。

ポイント

  • 解約方法は電話か解約フォーム。
  • 2年以内に解約するとキャンペーン違約金も加算される。
  • 月途中で解約しても日割り計算はなし。満額請求される。
  • 端末は返却不要。自分で処分。
  • 乗り換える場合は違約金負担よりもキャッシュバック制度のプロバイダの方がオトク。

ブロードワイマックスは有名で月額料金も安く済ませられるプロバイダです。

 

しかし2年以内に解約する場合は全プロバイダ中でトップクラスの高い違約金が発生するので注意が必要です。

 

また3年間の総額から見てみると、主要プロバイダの中で最安のGMOとくとくBBに乗り換えることで、圧倒的に安くWiMAXを利用できることも分かりましたね。

GMOとくとくBBの注意点についても詳しく解説していますので、気になる方はご覧ください。
ポケみ
契約前に知りたい!なぜGMOとくとくBBのWiMAXが1番評判いいの?

続きを見る

 

【騙されるな!】ポケットWi-Fi選び方の真実

ストレスフリーを選ぶなら「速さ」は必須です。

外でも宅内でもネットを使いたいなら、WiMAX史上最速の機種「Speed Wi-Fi NEXT W06」が1番おすすめです!

 

  • 最大速度1,237Mbps(WiMAX史上最高速度)
  • 本体そのものに高性能ハイモードアンテナを内蔵
  • その為クレードル不要

 

最新機種「W06」はスペックが非常に高いです。  

しかし適当に決めたプロバイダとプランで契約し、なんとなく選んだポケットWi-Fiを使ってしまうと高い買い物をしただけでは済みません。  

 

常に少ない容量制限を気にしながら遅いポケットWi-Fiを利用し続けることになるのです。

 

これは非常にイライラします!

 

自分の人生、少しでもイライラせずに素敵なものにする為にも、無駄と思えるものは徹底して省き、快適なネット環境にしていくことが大切です。  

 

そしてこのイライラを回避させる唯一の方法は、ギガ放題プランの実質総額で安いプロバイダを選ぶこと、これだけです。

 

なぜならどのプロバイダ(販売代理店)を選んでも、WiMAXの性能は全て同じだからです。

 

なので3年間の実質総額費用から実質月額を算出することが最も確実にオトクになります。  

 

主要プロバイダ比較表
※下記表は最新機種「W06」を選択した場合。また初期費用+事務手数料+端末代+その他費用+今月のキャッシュバックキャンペーンor月額割引キャンペーン適用後の3年間の実質総額費用から、実質平均月額を算出しています。

プロバイダ3年間の実質総額実質平均月額
GMOとくとくBB126,769円3,425
BIGLOBE130,141円3,517円
@nifty130,310円3,521円
So-net133,320円3,603円
DTI  WiMAX133,430円3,606円
ブロードワイマックス134,352円3,631円
カシモWiMAX139,248円3,763円
UQ WiMAX157,808円4,265円

 

以下に、ただ総額が安いだけではなく、さらにオトクな特典が付いているプロバイダを厳選しました。

 

プロバイダなんてどこも一緒だと思って適当に契約してしまい、後で30,000円以上も損をしていた…なんてことにならないよう、プロバイダ選びは厳選しましょう!  

 

【ギガ放題3年プラン】おすすめプロバイダ3選!

GMOとくとくBB

3年間の実質総額で最も安くポケットWi-Fiを利用できるプロパイダです!

キャッシュバックが最高額なのはここだけ!

キャッシュバック手続きも簡単なので誰でももらえます。

キャッシュバック受け取り方法

  • 契約して11ヶ月後に手続きのメールが来る
  • そのメールから口座登録する
たったこれだけです。

また今なら最新機種「W06」も無料で提供しています。

どこのプロバイダで契約しようか悩んでいるなら、とりあえずGMOとくとくBBで間違いありません。

20日以内ならキャンセルしても解約違約金が無料なので、お試しでWiMAXを使うのもオススメです!

ブロードワイマックス

最安ではないですが、他社プロバイダから乗り換えたい場合、違約金最大19,000円を負担してくれるプロバイダです。

キャッシュバックはないので実質総額は若干高くなりますが、現在他社と契約していて乗り換えたい方にはオススメ。

ただ初期費用が18,857円と高額です。

クレジットカードを持っている方は無料ですが、口座振替の方は全額負担なのでここは注意が必要です。

BIGLOBE

実質総額で安くWiMAXを利用できるプロバイダです。

ただ端末代がGMOとくとくBBなら無料ですが、BIGLOBEだと19,200円かかるのでもし途中解約する場合は注意が必要となります。

キャッシュバックも高額ですが、現時点ではGMOとくとくBBの方がオトクなのでGMOとくとくBBからの次の乗り換えとしては有りです。

-WiMAX
-, ,

Copyright© おすすめのポケットWi-Fiはコレ!〜速度・料金を比較してみたよ〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.