ポケットWi-Fi WiMAX au

【ポケットWifi口座振替】au WiMAXの口座振替はNG!おすすめはここ

投稿日:2019年5月21日 更新日:

本ページは2019年7月時点で、最安で口座振替契約できるポケットWifiについてご紹介しています。

2019年7月最新情報!

最安GMOとくとくBB が一部デビットカードで対応しているようです!

デビットカードをお持ちの方は、まず最初にGMOとくとくBBにダメ元で試しにお申し込みしてみることを本気でおすすめします!

GMOとくとくBBの評判

GMOとくとくBB公式サイト

本ページの流れ

  • 口座振替できる最安プロバイダ(販売代理店)とは
  • 口座振替OKのポケットWi-Fiを徹底比較
  • au WiMAXをおすすめしない理由
  • WiMAXが口座振替契約をしない理由
  • 口座振替の注意点

上記の流れでご説明していきます。

 

2019年7月時点、ポケットWi-Fi会社の多くはクレカ契約となっています。

しかし実際には以下のような人も多くいます。

  • クレジットカードを持っていない
  • クレジットカードを持てない
  • 口座振替の方が安心

などなど。

それなのに口座振替に対応している会社がほとんどないため、ポケットWifiの契約を諦めてしまう人が多いのです。

諦めてしまう気持ちは分かりますが、それは非常にもったいないです。
ポケみ

そこで今回は、口座振替に対応しているポケットWifi会社についてはもちろんのこと。

 

口座振替に対応しているプロバイダ(販売代理店)についても徹底的にご説明します。

 

また最後まで読むことで口座振替契約をする際の注意点も分かり、さらに最安でポケットWifiを使える会社まで全て知ることができます。

 

そして本ページを読み終えた後は、これまで以上に快適なネット生活を送れることでしょう。

 

それではさっそく始めていきます。

口座振替できる会社の中で1番安いプロバイダはBIGLOBEです!
ポケみ

BIGLOBE公式サイト

 

目次

 

結論!口座振替で最安はBIGLOBE!

結論

結論:BIGLOBEは口座振替OKの会社の中で最安です!
ポケみ

2019年7月現在、WiMAXがポケットWifiの中で最安の通信サービスです。

そして、そのWiMAXのプロバイダ(販売代理店)の中で、口座振替に対応しているのは

  • BIGLOBE
  • ブロードワイマックス
  • UQ WiMAX

の3社だけとなります。

 

つまり3社のみ口座振替に対応しているのですが、その中で1番安い会社がBIGLOBEでした。

 

2019年7月最新:【口座振替】ギガ放題プラン料金比較表
※下記表は最新機種「W06」を選択した場合。また初期費用+事務手数料+端末代+その他費用+今月のキャッシュバックキャンペーンor月額割引キャンペーン適用後の3年間の実質総額費用から、実質平均月額を算出しています。

実質総額実質月額
BIGLOBE(ビッグローブ)151,510円4,094円
ブロードワイマックス160,609円4,340円
UQ WiMAX166,808円4,508円

ポケットWifi契約は、クレジットカード払いが主流となった現在では、口座振替できるプロバイダは非常に貴重です。

 

そして、その貴重なプロバイダの中で最安なのがBIGLOBEになります。

プロバイダとは

  • ネット上で営業している30社以上の販売代理店のこと。
  • 店舗経費や人件費が掛からない分、キャンペーンなどの特典で安くWi-Fiルーターを提供し集客している。

絶対に口座振替契約でポケットWifiを使いたいなら、最安のBIGLOBEをおすすめします。

BIGLOBE公式サイト

 

ポケットWifiを口座振替できるがおすすめできない会社

以下のポケットWifi主要会社で、口座振替契約するのはおすすめできません。

口座振替に対応しているポケットWifi主要5社

  1. ワイモバイル
  2. docomo
  3. Softbank
  4. au
  5. UQ WiMAX

理由としては

  • ワイモバイル
  • docomo
  • Softbank

この3社は3日10GB使える大容量プラン(ギガ放題プラン)がないから。※ギガ放題プランについては後述します。

  • au
  • UQ WiMAX

上記2社の場合は、販売代理店を利用すると全く同じ機種を販売しているのに、料金が圧倒的に安くなるのでおすすめしません。

全主要会社のポケットWi-Fiを徹底比較しました!

詳細については下記の記事をご参考ください。

ポケみ
契約前に知りたかった!無制限ポケットWiFiで1番おすすめなのはコレ

続きを見る

 

次はポケットWifiを提供している大手5社の実際の月額料金と特徴を比較したいと思います。

 

ワイモバイルは安いんだけどおすすめはできない

ワイモバイルは対応エリアが非常に狭いですが、大容量プランがあります。

 

また3年間使い続ければポケットWifiの端末費用が無料になるので月額が相場よりも安い会社です。

ワイモバイルの月額料金

大容量プランの有無実質平均月額
ワイモバイル4,380円

ただし、大容量プラン(アドバンスモード)の対応エリアが非常に狭い為、主要都市から少しでもズレる場所でポケットWifiを使う人はおすすめできません。

 

そもそも大容量プラン対応エリアで使えなければ、月7GBプランで妥協するしかありません。

 

その他にも気になる注意点があり、どうしてもやむをない理由で1年以内に解約した場合、契約解除料金と端末代金で計38,000円ほど支払うことになります。

 

またワイモバイルは通信容量を削減する為に、自動で動画や写真の画質を悪くさせられます。

以下は公式ページからの引用です。

特に以下2点の致命的なデメリットがあります。

ワイモバイルのデメリット

  1. 他社のポケットWifiよりも画質が悪い
  2. 動画や写真を観るときに時間がかかる

以上の理由から、ポケットWifiの月額がいくら安くてもサービスが強制的に悪くなってしまうワイモバイルはおすすめできません。

私がおすすめのポケットWifiなら当然サービスの質は下がりません!

しかも広範囲エリアでネットをたっぷり使えます!

ポケみ

BIGLOBE公式サイト

 

docomoは月額料金が高過ぎておすすめできない

docomoは広範囲エリアで対応、また速く快適にネット利用でき、サポートもわかりやすく素晴らしいサービス会社です。しかし致命的なデメリットがあります。

 

それは全ポケットWifiサービスの中で圧倒的に料金が高いということです。

 

圧倒的というのは最も料金が高いという意味です。

以下の比較表をご覧ください。

docomoの月額料金

月間通信容量実質平均月額
docomo5GB6,900円~
ポケたろ
これって月5GBしか使えないのに最低6,900円以上するってこと?

月に動画を3~4時間しか見れないじゃん…

一応30GBプラン(ウルトラデータLLパック)もあるんだけど…

docomoはポケットWifiの端末代に26,000円以上の費用が掛かるし、30GBで契約すると実質月額12,000円以上もするんだよ!

ポケみ
ポケたろ
た…高い…。

月5GBしか利用できないのに最低6,900円以上の月額。

 

30GB契約にすると実質月額12,000円以上。高画質の動画を観て容量を少しでも超えてしまったら更に高額の追加料金が掛かります。

docomoの月額費用と相場

月5GB月30GB大容量プラン
docomo最低6,900円~12,000円~なし
相場--5,000円程度
ポケたろ
やっぱり高いなぁ…
料金が高いならサービスがいいのは普通のこと。

それだと当たり前なんだよね。

ちなみに割引も全然ないよ。

これはおすすめできないのは当然だよね。

ポケみ

つまり料金的なデメリットが大きすぎるためdocomoはおすすめしません。

 

SoftBankも月額が高くておすすめできない

大手Softbankもおすすめできない理由があります。

一見安く見えますが、月間容量7GBを超えると超低速(128kbps)になるのでおすすめできません。

Softbankの月額料金

月間通信容量実質平均月額
Softbank7GB3,696円

また月に5GBあるいは7GBのどちらか使うか選べるのですが、大容量プランはありません。※ソフトバンクエアーという無制限で使えるポケットWifiがありますが、持ち運びできるものではなく自宅用のポケットWifiになります。まだ改善されてなく遅いので注意。評判も悪いです。

ポケたろ
Softbankもネットをたっぷり使えないんだね。
そうなんだよね。docomoと似てて、50GB契約もあるんだけど…
ポケみ
ポケたろ
それも料金が高いってことなんだよね?
うん。

SoftbankもポケットWifiの端末代自体に約42,000円ほどの費用がかかるから、50GBだと月額は10,000円くらいになるよ。

ポケみ

Softbankの月額費用と相場

月7GB月50GB大容量プラン
Softbank3,696円約10,000円なし
相場--有、月5,000円程度

比較するとすぐにわかりますが、docomoとSoftbankは決められた容量でしか契約できないため、他社の大容量プランと同様にポケットWifiを使おうとするとどうしても月額が高くなります。

 

やはり大容量プランで利用できないのはデメリットが非常に大きいです。

いつも容量を気にしながらインターネットを使うのは本当に疲れます。
ポケみ

ちなみにSoftbankも割引が全然ありません。

 

唯一、自宅のみで使えるソフトバンクエアー(ホームルーター)を契約すれば、Softbankユーザーはスマホ代が2000円ほど安くなります。

 

しかしソフトバンクエアーは夜に勝手に低速状態になってしまうと悪評です。特に解約についての悪評は非常に目立ちます。

ソフトバンクエアー解約違約金の全て|0円で解約する方法とは

続きを見る

 

結論として、Softbankもおすすめできません。

私がおすすめのポケットWifiなら勝手に低速状態になんてなりません!

いつでも快適にネットを使えます!

ポケみ

BIGLOBE公式サイト

 

auのポケットWifiはサービスが同じなのに高いからおすすめできない

auも相場に比べれば安い月額でポケットWifiを利用できます。

auと相場の料金

大容量プラン実質平均月額
au4,938円
相場5,000円程度
ところでさ、auのポケットWifiは「WiMAX」って呼ばれてるんだけど知ってる?
ポケみ
ポケたろ
どういうこと?

auのポケットWifiとは?

・実は「au」のポケットWifiは「UQ WiMAX」が提供しているポケットWifiと全く同じもの。

・つまり「au」は「WiMAX」を提供している。

ポケたろ
ん?UQ WiMAXと全く同じ商品なのに月額料金に差があるのはなんで?
いいところに気づいたね!

実質費用の差はキャッシュバックやキャンペーンの特典があるかないかの差なんだよ!

ポケみ
ポケたろ
 特典?

UQ WiMAXのプロバイダ(販売代理店)は、現在インターネット上で営業しており、人件費や店舗経費がかかりません。

 

そのため高額キャッシュバックなどのキャンペーンを付けて新規獲得を狙っています。

UQ WiMAXのプロバイダとは

  • 簡単に言うとネット上で営業販売している販売代理店のこと。
  • 店舗経費や人件費が掛からない分、キャンペーンなどの特典で安くポケットWifiを提供し集客している。

auショップなどの店舗は人件費などが掛かるので、特典がイマイチで安くなりません。

 

つまり店舗契約だと同じ商品なのに大きく損してしまいます。

注意!auユーザーの方へ

auユーザーの方(同一の契約者名義の人)は、WiMAXのプロバイダ(販売代理店)と契約することで「auスマートバリューmain」という割引を適用することができます。

auの携帯代が毎月500円~1,000円ほど安くなります。

WiMAXをすでに契約済みならauでスマートバリューmine加入の手続きをしましょう。

auユーザーならなおさらおすすめ!最新のポケットWifiを安く使っちゃいましょう!
ポケみ

BIGLOBE公式サイト

 

本家UQ WiMAXはキャンペーンが残念でおすすめできない

本家UQ WiMAXも相場より安いです。

UQ WiMAXの月額費用

会社名実質平均月額大容量プラン
UQ WiMAX4,508円

詳しくは後述しますが、キャッシュバックが大きいプロバイダ(販売代理店)もあるので、比較すると総額で15,000円以上も損することになります。

 

同じポケットWifiを使うなら、できるだけ安く使いたいところですよね。

ポケたろ
うんうん!同じスペック、同じ機種なら安い方がいいに決まってるじゃん!
だったらUQ WiMAXで契約することもおすすめしないよ!
ポケみ

なぜなら、もっともっと安くポケットWi-Fiを手に入れられるからです。

 

1番おすすめなのはWiMAXのプロバイダ(販売代理店)です!公式はNG!

口座振替に対応しているポケットWi-Fi選びで、1番おすすめなのはWiMAXのプロバイダ(販売代理店)です。

 

なぜなら公式のUQ WiMAXよりも安くWiMAXを使えるからです。

ポケたろ
料金が安いと性能が低くなったりしないの?

ちょっと不安なんだけど。

それが全く性能差はないんだよね。

  • 速度
  • 電波強度
  • バッテリー継続時間

などなど、実はスペックは全部同じだから、料金が安いプロバイダ(販売代理店)を選ぶのが正しい選択だよ!

ポケみ

BIGLOBE公式サイト

 

しかし多くのプロバイダが口座振替に非対応…その理由とは

UQ WiMAXもその他のプロバイダ(販売代理店)も、実は口座振替を止めたい理由は1つです。

口座振替を止めたい理由

  • 未払いを回避したい

知らない人も多いのですが、実は口座振替は経費がだいぶ掛かります。

 

もちろん人件費も掛かるので、それらを削減したいという理由もあるわけです。

 

つまり「経費削減をしたい」わけなのですが、

結局1番の理由は「未払いを回避したい」ということです。

未払い回避策

  1. クレジットカード払いで契約してもらう。
  2. クレジットカード会社が月額料金を支払うようになる。
  3. 契約者が未払いでも、WiMAXのプロバイダ(販売代理店)はクレジットカード会社から月額料金をもらえる。

要するにクレジットカード払いでWiMAXを契約すると、クレジットカード会社が月額料金を支払ってくれるので、月々の未払いが発生しなくなるのです。

 

当たり前ですが、企業側もなるべく未払いや滞納をしない、信頼できるお客さんが欲しいのでクレジットカード払いを優遇しているわけですね。

 

ですので現時点で口座振替に対応しているプロバイダが3社のみとなってしまった理由は、おそらく未払い・滞納が多くなったことが考えられます。

口座振替に対応している会社で1番安いのはBIGLOBEです!

今なら15,000円もキャッシュバックをもらえます!

ポケみ

BIGLOBE公式サイト

 

申し込み前に知っておきたい!正しい口座振替契約の手順

ポケットWi-Fiの選び方

WiMAXを口座振替契約で利用したい場合、実は正しい申し込み手順があります。

 

この手順を間違えると料金的にも端末のスペック的にも大きく損をします。

 

快適なネット環境を作るためにも、ぜひご参考ください。

 

①最新のWiMAX「W06」を選択する

機種は最新のWiMAX「W06」を選択しましょう。

【最速WiMAX】Speed Wi-Fi NEXT W06レビュー!WX05・W05・801HWも比較してみた

続きを見る

 

自宅Wifi・置くだけWifiを検討中の方は下記の記事で詳しくご説明しています。

自宅Wifiにおすすめ!無制限・最安・工事不要ならWiMAXのホームルーターL02一択!

続きを見る

 

また現在提供されているもので、外でも自宅でも使えるWiMAXは以下の機種です。

提供されているルーター

  • W06 ← 最新機種
  • WX05
  • W05

ちなみにWiMAXの性能は目覚ましいスピードで進化しています。

WiMAXの性能比較

※横スクロールできます。

W06WX05W05WX04W04WX03W03
見た目
発売日2019年1月25日2018年11月8日2018年1月19日2017年11月1日2017年2月17日2016年12月2日2016年6月4日
最大下り速度無線時 ⇒ 867Mbps

有線時 ⇒ 1,237Mbps

440Mbps758Mbps440Mbps758Mbps440Mbps370Mbps

端末代金も全て無料なのに、今から「WX05」や「W05」といった古い機種を選ぶのは賢い選択ではありません。

 

おすすめの最新WiMAX「W06」だからこそインターネットを快適に利用できます。

 

以下がWiMAX最新機種「W06」の特徴です。

最新機種「W06」の特徴

  • WiMAX史上最速(無線時⇒867Mbps、有線時⇒1,237Mbps)
  • 通信性能が大幅に向上し繋がりやすい(クレードル不要)
  • 「au 4g LTEモード」にも対応している為、もしWiMAX2+で通信できない場所でもモードを切り替えて高速通信できる
機種選びで悩んだら、とりあえず最新機種「W06」を選べば大丈夫です。
ポケみ

BIGLOBE公式サイト

 

②ギガ放題プランを選択する

容量プランは、3日10GB使えるギガ放題プラン(大容量プラン)を選択しましょう。

通常プランより600円ほど高くなりますが、WiMAXの9割以上の利用者がギガ放題プランを選んでいます。

またこのプランは非常に容量が多く、実質無制限でネットを使えます。

3日10GBでできること(ノートパソコン使用時)

【目安】10GBでできること
ホームページ閲覧4,000回
テキストメール

(300文字+写真1枚)

2,000通
超高画質の動画7時間
高画質の動画16時間
標準画質の動画47時間
低画質の動画83時間

※動画はYouTubeを想定しています。またスマホの場合なら、画面が小さく消費容量が少なくなるため更に長く視聴できます。

上記表の通り、高画質の動画を3日間で16時間ほど視聴できる計算です。

3日10GB容量を超える使い方1

3日10GBを超える使い方
YouTube(高画質)約16時間ほど視聴

毎日4~5時間ほど高画質の動画を観れる計算です。

普通に動画を楽しむだけなら十分でしょう。

 

標準画質であれば3日間で約47時間も観ることができます。

3日10GB容量を超える使い方2

3日10GBを超える使い方
YouTube(標準画質)約47時間ほど視聴

3日連続で約16時間ほど観続けると速度制限になるという計算です。

 

毎日そんなに長時間観る人も稀なので現実的ではありませんね。

つまり標準画質メインで観る人にとっては速度制限になることはまずないと言えます。
ポケみ

仮に速度制限になっても、ギガ放題プランの場合は翌日20時~2時の間だけです。

 

しかも1Mbps以上の速度となるので、遅くなっても十分ネットを使うことができます。

1Mbpsでできること

速度制限中の快適さ
サイト閲覧
Twitter
LINE
Instagram
YouTube(標準画質)
YouTube(高画質)
オンラインゲーム
高画質の写真付きメール受送信

表を見てみると、速度制限中でもギガ放題プランなら色々なことに使えるのが分かりますね。

 

逆に通常プランで契約すると月7GBしか使えません。

通常プランの速度制限時の注意点

  • 通常プランの速度制限時は128kbps程度になる。
  • 動画は視聴不可。Twitterですら遅くなるので使い物にならない状態になる。
  • 速度制限が解除されるのは翌月。

7GB容量を超える使い方

 7GBになる使い方速度制限中の期間
 通常プラン 2時間の高画質動画を約4回視聴月末まで

月にたった4回動画を観ただけで速度制限になるなら、WiMAXの契約をする意味はほとんどないと言えます。

WiMAX契約で選択するプラン

  • ギガ放題プランを選ぶ

WiMAXを利用する場合は、以上の点をよく確認して申し込みをしましょう。

BIGLOBE公式サイト

 

③口座振替OKの最安プロバイダを選択する

実はプロバイダによってWiMAXの性能が変わることはありません。

 

どのプロバイダを選んでもWiMAXの

  • 通信速度
  • 繋がりやすさ
  • 電池の持続時間など

全て同じです。

 

つまり料金が最も安いプロバイダを選ぶことが正しい選択です。

次は現在、口座振替OKのプロバイダで、ギガ放題プランの3年間の総額を徹底比較してみましたので是非ご参考ください。

 

口座振替OK!最安プロバイダをご紹介!

口座振替に対応してる最安プロバイダはBIGLOBEです。

 

以下は口座振替に対応しているプロバイダの料金比較表です。

2019年7月最新:【口座振替】ギガ放題プラン料金比較表
※下記表は最新機種「W06」を選択した場合。また初期費用+事務手数料+端末代+その他費用+今月のキャッシュバックキャンペーンor月額割引キャンペーン適用後の3年間の実質総額費用から、実質平均月額を算出しています。

実質総額実質月額
BIGLOBE(ビッグローブ)151,510円4,094円
ブロードワイマックス160,609円4,340円
UQ WiMAX166,808円4,508円

上記表の通り、BIGLOBEが圧倒的に安いのが分かります。

 

またUQ WiMAXのキャッシュバックについて、大きな注意点があります。

UQ WiMAXの注意点

  • 最新機種「W06」を選ぶとキャッシュバックが安い。
多くの人が勘違いしてますが、実はUQ WiMAXで最新機種を選ぶとキャッシュバックが3,000円しかもらえません!
ポケみ

「WX05」や「W05」なら8000円ほどのキャッシュバックをもらえますが、低スペックですし、今さら古い機種を選ぶのはしたくないですよね。

【最速WiMAX】Speed Wi-Fi NEXT W06レビュー!WX05・W05・801HWも比較してみた

続きを見る

 

BIGLOBE公式サイト

 

【注意】BIGLOBEの口座振替の審査とデメリット

BIGLOBEは口座振替で最も安いプロバイダなので、なんとしてでも契約したいところですが、実はここで注意点があります。

BIGLOBE口座振替の注意点

  • 手続きが多く、審査期間が長い
  • キャンペーンが安い

WiMAX契約には口座振替特有のデメリットがあるので、申し込み前にここはよく確認しておきましょう。

 

手続きが多い

まずBIGLOBEで、口座振替契約する際の流れを説明します。

口座振替で契約する際の流れ

  1. 申し込み後、1週間以内に「支払い方法登録申込書」と「口座振替の登録申込書」が届く。
  2. その2つの書類を書いたらBIGLOBEに返送する。
  3. BIGLOBE側で1週間以内の審査がある。
  4. 審査に通過すると3日~1週間以内に端末が届く。
ポケたろ
めっちゃ面倒くさいじゃん。

もう心折れそう…

たしかにかなり面倒ですが、

  • 支払い方法登録申込書
  • 口座振替の登録申込書

この2つはBIGLOBEが審査するための重要な書類です。

 

残念ながら絶対に書かないといけません。

しかも書類上で少しでも間違いがあったら問答無用で審査落ちするので、だいぶ神経を使います。

審査落ちしやすい箇所

  • 口座情報の記入の間違い。
  • 銀行に届け出してない印鑑を使う。
  • 押印が薄くて銀行が照合ができない。
  • 記入漏れや記入間違い。
  • 印鑑の押印に不備がある。

他にも口座名義と契約者名が違ったり、過去に借金を滞納したことがあると審査落ちしやすくなります。

 

また1度でも審査落ちしたら同じ口座で申し込むのはできないので、やはり口座振替契約はハードルがかなり高いですね。

 

ちなみにクレジットカード払いだと、

  • 支払い方法登録申込書
  • 口座振替の登録申込書

これらの記載は必要ありません。

 

申し込みするだけで、1~3日程度で端末が届きます。

クレジットカード払いなら手続き一切なし!しかも口座振替最安のBIGLOBEより2万円以上もオトク!
ポケみ

GMOとくとくBBの評判

GMOとくとくBB公式サイト

 

WiMAXの利用開始までに日数・時間がかかる

クレジットカード払いと比較すると、口座振替は約1週間以上もWiMAXの利用が遅れることがあります。

 

逆にクレジットカード払い申し込み後、早いと翌日に端末が届くので、早くWiMAXを使いたい場合はこの差は大きいです。

 

キャンペーンが安くなる

先述の通りBIGLOBEで口座振替契約した場合、クレジットカード払いよりも15,000円も損してしまいます。

BIGLOBEのキャッシュバックの差

キャッシュバック
クレジットカード30,000円
口座振替15,000円
差額15,000円

また繰り返しますがBIGLOBEだけではなく、全てのプロバイダがクレジットカード払いを優遇しています。

ポケたろ
近い将来、WiMAX契約は全てクレジットカード払いになる気がするね…

全ての面でオトクになるクレジットカード払いの方がメリットが大きいのは間違いありません。

 

もし、どっちの支払い方法にしようか悩んでいるくらいなら、圧倒的に安くなるクレジットカード払いを選択しましょう。

GMOとくとくBBの評判

GMOとくとくBB公式サイト

 

【豆知識】口座振替よりもクレジットカード払いの方がオトク

逆にクレジットカード払いの場合は口座振替より、具体的にどの程度オトクになるのでしょうか?

 

次で詳細を説明します。

 

WiMAXをすぐに利用できる

クレジットカード払いはすぐにWiMAXを利用できます!
ポケみ

正確にはWiMAXを申し込みした後、1~3日程度で端末が届きます。

端末が届く期間(クレジットカード払い)

  • 申し込みして1~3日くらいで端末が届く。

しかし逆に口座振替だととても遅くなります。

端末が届く期間(口座振替)

  1. 申し込み後に書類が届き、
  2. 書類を書いた後返送して、
  3. 審査待ちして、
  4. 端末が届く(申し込み後、長くて2週間くらい)
ポケたろ
WiMAX届くのおっそ!

繰り返しますが、

  • WiMAXを使いたくて
  • 心待ちして、
  • 書類を送った後に
  • 審査落ちする

ということも普通にあります。

そうなった場合のガッカリ感は半端ではありません。

 

しかしクレジットカード払いなら手続きは一切なしです。

しかも申し込み後すぐにWiMAXが届くので、この差は非常に大きいですね。

GMOとくとくBBの評判

GMOとくとくBB公式サイト

 

とにかく安くWiMAXを使える

結論から伝えると、クレジットカード払いだと、BIGLOBEの口座振替より、さらに約2万円以上オトクになります。

他プロバイダとBIGLOBEの口座振替の料金比較

3年間の総額支払い方法
他プロバイダ126,725円クレジットカード
BIGLOBE151,510円口座振替
差額24,741円

上記表の通り、クレジットカード払いのメリットはなんといっても料金の安さです。

 

BIGLOBEは、口座振替OKのプロバイダの中では確かに最も安いです。

 

しかし、クレジットカード払いにはどうしても安さに負けてしまいます。

 

繰り返しますが、クレジットカード払いの方が圧倒的に安いのですが、料金面だけではなく

  • 書類の手続き
  • 審査期間の待ち時間

といった手間面倒事もありません。

 

もし可能なら、クレジットカード払いで申し込みした方が費用的にも時間的にも100%オトクになるのは事実です。

GMOとくとくBBの評判

GMOとくとくBB公式サイト

 

クレカのみ対応のプロバイダが圧倒的に多いので比較検討できる

プロバイダの数は30社を超えています。

つまりこれだけ数があると非常に安いプロバイダも見つけることができるのです。

 

次はクレジットカード払い対応の主要プロバイダを徹底比較しましたので、ぜひご参考ください。

 

【2019年7月最新】クレジットカード払いで最安値のプロバイダはここだ

結論:クレジットカード払いで最安値のプロバイダは、GMOとくとくBBです!
ポケみ
契約前に知りたい!なぜGMOとくとくBBのWiMAXが1番評判いいの?

続きを見る

 

また特に主要と言われているプロバイダの実質費用を比較してみました。

 

以下はクレジットカード払いで、ギガ放題プランを申し込んだ場合の料金比較表です。

2019年7月最新:主要プロバイダ比較表
※下記表は最新機種「W06」を選択した場合。また初期費用+事務手数料+端末代+その他費用+今月のキャッシュバックキャンペーンor月額割引キャンペーン適用後の3年間の実質総額費用から、実質平均月額を算出しています。

プロバイダ3年間の実質総額実質平均月額
GMOとくとくBB126,725円3,425
BIGLOBE130,141円3,517円
@nifty130,310円3,521円
So-net133,320円3,603円
DTI  WiMAX133,430円3,606円
ブロードワイマックス134,352円3,631円
カシモWiMAX139,248円3,763円
UQ WiMAX157,808円4,265円

上記の表から分かる通り、おすすめはGMOとくとくBBです。

 

上記以外にも多くの会社を比較したのですが、そもそもGMOとくとくBBを超えるおすすめのプロバイダを見つけることができませんでした。

 

またBIGLOBEと@niftyは実質月額は安く悪くはないですが、以下の理由によりおすすめしていません。

BIGLOBEと@niftyを除外する理由

  • BIGLOBE ⇒ 端末代金が無料ではない
  • @nifty ⇒ 最安値ではない
  • そもそも3年間の総額費用がGMOとくとくBBより高い

さらにGMOとくとくBBはキャッシュバック受け取りの手続きが非常に簡単です。

キャッシュバック受け取り方法

  • 契約して11ヶ月後に手続きのメールが来る
  • そのメールから口座登録する

たったこれだけで30,000円以上のキャッシュバックを確実にもらえます。

GMOとくとくBBの評判

GMOとくとくBB公式サイト

 

【おまけ】WiMAXの口座振替契約について、よくあるご質問

ここからはWiMAXを口座振替で利用したいと考えている方から、よくいただくご質問をご紹介します。

特に、

  • 未成年でも口座振替で契約したい方
  • デビットカードで契約を考えている方

に参考になる内容と思います。

 

未成年だけど口座振替契約したい

20歳未満の未成年者は必ず親の同意が必要です。

親権者に同意欄などに記入してもらわないと口座振替で契約できないのが一般的です。

 

WiMAXをデビットカードで契約したい

楽天銀行VISAデビットなど、デビットカードで契約できるプロバイダ(販売代理店)は年々減ってきています。

 

結論からお伝えすると、WiMAXのほぼ全てのプロバイダはデビットカードで契約できません。

 

しかし口コミなどの情報を集めてみたところ、なんと最安プロバイダのGMOとくとくBB デビットカードで通ったとの情報を発見しました!(2019年7月最新情報)

ポケたろ
マジで!?
公式でも

「デビットカードは利用できません」

ってハッキリ記載してあるんだけど、中には通った人もいるみたいだね!

ポケみ

もしデビットカードを持っているなら、ダメ元でもGMOとくとくBBに申し込んだ方が絶対にいいですね。

 

クレカ払いの全プロバイダの中で最安なので、ぜひ試してみてください!

GMOとくとくBBの評判

GMOとくとくBB公式サイト

 

ポケットWi-Fiの口座振替契約:まとめ

ポケットWi-Fiの口座振替契約についてご説明しました。

本ページの中で特に重要だったのは以下の内容です。

ポイント

  • auのWiMAXは特典が安く、新規契約時の魅力に欠けるためおすすめできない。
  • BIGLOBEは口座振替OKの全ポケットWiFi、WiMAXの全プロバイダの中で最安。
  • ただし審査の手続き等でWiMAXを使えるまでに、長いと約2週間も時間が掛かる。
  • クレジットカード払いだと手続き・審査なし。
  • クレジットカード払いだとBIGLOBEの口座振替より、さらに2万円以上も安くなり、端末も3日程度で届く。
  • GMOとくとくBB は公式でデビットカード不可と明記しているが、一部対応しているらしいので絶対最初に試すべき。

口座振替でポケットWi-Fiを利用する場合は、上記の内容をよく検討してから申し込みをしましょう。

 

またクレジットカード払いが可能なら、BIGLOBEよりGMOとくとくBB の方がさらに2万円以上オトクになることも分かりましたね。

 

デビットカードは多くのプロバイダが非対応ですが、最安のGMOとくとくBBが一部対応しているようです。

デビットカードを持っている方は、まずはGMOとくとくBB からダメ元で申し込んでみることを絶対におすすめします!
ポケみ
契約前に知りたい!なぜGMOとくとくBBのWiMAXが1番評判いいの?

続きを見る

 

【騙されるな!】ポケットWi-Fi選び方の真実

ストレスフリーを選ぶなら「速さ」は必須です。

外でも宅内でもネットを使いたいなら、WiMAX史上最速の機種「Speed Wi-Fi NEXT W06」が1番おすすめです!

 

  • 最大速度1,237Mbps(WiMAX史上最高速度)
  • 本体そのものに高性能ハイモードアンテナを内蔵
  • その為クレードル不要

 

最新機種「W06」はスペックが非常に高いです。  

しかし適当に決めたプロバイダとプランで契約し、なんとなく選んだポケットWi-Fiを使ってしまうと高い買い物をしただけでは済みません。  

 

常に少ない容量制限を気にしながら遅いポケットWi-Fiを利用し続けることになるのです。

 

これは非常にイライラします!

 

自分の人生、少しでもイライラせずに素敵なものにする為にも、無駄と思えるものは徹底して省き、快適なネット環境にしていくことが大切です。  

 

そしてこのイライラを回避させる唯一の方法は、ギガ放題プランの実質総額で安いプロバイダを選ぶこと、これだけです。

 

なぜならどのプロバイダ(販売代理店)を選んでも、WiMAXの性能は全て同じだからです。

 

なので3年間の実質総額費用から実質月額を算出することが最も確実にオトクになります。  

 

主要プロバイダ比較表
※下記表は最新機種「W06」を選択した場合。また初期費用+事務手数料+端末代+その他費用+今月のキャッシュバックキャンペーンor月額割引キャンペーン適用後の3年間の実質総額費用から、実質平均月額を算出しています。

プロバイダ3年間の実質総額実質平均月額
GMOとくとくBB126,769円3,425
BIGLOBE130,141円3,517円
@nifty130,310円3,521円
So-net133,320円3,603円
DTI  WiMAX133,430円3,606円
ブロードワイマックス134,352円3,631円
カシモWiMAX139,248円3,763円
UQ WiMAX157,808円4,265円

 

以下に、ただ総額が安いだけではなく、さらにオトクな特典が付いているプロバイダを厳選しました。

 

プロバイダなんてどこも一緒だと思って適当に契約してしまい、後で30,000円以上も損をしていた…なんてことにならないよう、プロバイダ選びは厳選しましょう!  

 

【ギガ放題3年プラン】おすすめプロバイダ3選!

GMOとくとくBB

3年間の実質総額で最も安くポケットWi-Fiを利用できるプロパイダです!

キャッシュバックが最高額なのはここだけ!

キャッシュバック手続きも簡単なので誰でももらえます。

キャッシュバック受け取り方法

  • 契約して11ヶ月後に手続きのメールが来る
  • そのメールから口座登録する
たったこれだけです。

また今なら最新機種「W06」も無料で提供しています。

どこのプロバイダで契約しようか悩んでいるなら、とりあえずGMOとくとくBBで間違いありません。

20日以内ならキャンセルしても解約違約金が無料なので、お試しでWiMAXを使うのもオススメです!

ブロードワイマックス

最安ではないですが、他社プロバイダから乗り換えたい場合、違約金最大19,000円を負担してくれるプロバイダです。

キャッシュバックはないので実質総額は若干高くなりますが、現在他社と契約していて乗り換えたい方にはオススメ。

ただ初期費用が18,857円と高額です。

クレジットカードを持っている方は無料ですが、口座振替の方は全額負担なのでここは注意が必要です。

BIGLOBE

実質総額で安くWiMAXを利用できるプロバイダです。

ただ端末代がGMOとくとくBBなら無料ですが、BIGLOBEだと19,200円かかるのでもし途中解約する場合は注意が必要となります。

キャッシュバックも高額ですが、現時点ではGMOとくとくBBの方がオトクなのでGMOとくとくBBからの次の乗り換えとしては有りです。

-ポケットWi-Fi, WiMAX, au
-, ,

Copyright© おすすめのポケットWi-Fiはコレ!〜速度・料金を比較してみたよ〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.